Browse By

結婚できない男の特徴10選を考えてみる【ドラマ:結婚できない男】

203 views

結婚できない男というドラマをご存じでしょうか?

阿部寛さんが、偏屈で皮肉屋な性格のせいか40代になっても結婚できない男、建築家・桑野信介を演じていた2006年のフジテレビのドラマですね!

そのドラマがなんと2019年秋に帰ってくるというではありませんか(*^-^*)

今秋、あの“結婚できない男”が13年ぶりに帰ってくる!

ということで、地上波でリアルタイムでも見ていましたが、Amazonプライムビデオでまた見直しました。

すると、リアルタイムのときには12歳で中学一年生だった俺とは違うことも見えてきました(*‘∀‘)

結婚できない男の特徴10選を書いていきたいと思います。

1.家事一般ができる

仕事も家事も自分で出来るから、パートナーの力が不要!ということですかね。

ドラマでも桑野は潔癖症レベルにきちんと掃除をして、ステーキをはじめとした料理を作ってましたねwww

2.自分ルールが多い

自分ルールというのは、自分に対して他人が関与してくることを許さないってことだと思います。

はっきりと自分を持っているのは重要ですし、大切ですが多すぎると、他人と関わりあって生活していくことを妨げます。

ドラマの桑野は、空気がよどむからという理由で家に絶対人を入れないなどの自分ルールがありましたwww

3.他人の話を聞かない

他人の話を全て聞こうとしない、他人の話を面白くないものだと最初から決めつけるなどなど。

相手の話をさえぎって話したりする奴って確かにいますよねwww

まあ、そういう奴って大概面白くないし空気読めない嫌われ者ですけどね~。

ドラマの桑野は、ことあるごとに相手の指摘をさえぎったり、相手の話を受け入れないことが多いですね。

4.答えようのない質問が多い

相手が返答に困る質問をするのは、ただの嫌がらせだと思いますwww

相手が答えのない質問をする人も確かにいますよね。

どういう答えを望んでるんだろうなーって第三者ながら思ったりします。

そういう人って、会話相手との脚本が書けない人なんだろうなって感じますね~。

ドラマの桑野は、ことあるごとに相手が嫌がるような質問を相手(早坂先生やみちる)に投げかけますwww

5.態度が露骨(可愛い子や若い子に対して)

結婚できない男といっても、なんだかんだ異性が好きだったりします。

でも、そういう人って異性への接し方や配慮が足らないことが多いんですよね。

だから、可愛い子や若い子に対してのみ優しかったり、それ以外には厳しかったりという、すべての女性陣に陰口を言われそうな行動をとってしまうこともあるんでしょうね。

ドラマの桑野は、可愛い子や若い子だから態度が露骨ってことはあんまりなかったですね~。

まあ、自分に好意を持ってそうな若い女性にはウハウハ気分っていう描写はありましたがwwwまあ、それぐらい許してあげてwww

6.根拠のない自信家

根拠のない自信ほどは傍から見ていて不愉快で不安になるものはありません(-。-)y-゜゜゜

なんで、女性と付き合ったことないお前が断言できるんだよ・・・って発言とか、たまーに年齢=彼女いない歴の友達が言ってるのを見ると、苦笑いですwww

ドラマの桑野は、大して恋愛経験や女性との関係がなさそうなのに、女性との結婚を人生最大の不良債権の一つとまで語ってますwww

不良債権って・・・wwwワードセンスがすげえよ、脚本家の尾崎さんwww

7.シンプルと質素の違いが分かってない

結婚できない人って、服がシンプr・・・質素な人多いですよね。

友達と遊ぶのになぜか、シャツとかポロシャツを着ちゃうとか。

シンプルってのは最低限度のラインを越えた無駄のないものって意味であって、必要十分にいたってない質素とは別物なんですよね。

ドラマの桑野は、みちるや早坂先生にファッションセンスを服屋で発見したときに小馬鹿にされてますwwwまあ、阿部さんが着てたら何でも似合う様な・・・www

8.謝罪できない

謝り過ぎる人もどうかと思いますが、謝るべきときに素直に謝ることができない人は救いようがありませんよね。

自分に悪い点があって、責められたときに「でも・・・」「だけどさ・・・」と、言い訳をしたり素直にならないってのも、その兆候の一つですね。

謝罪を要求しているときの、「でも」「だけど」ほどイラつくものもないですし、おすし。

ドラマの桑野は、ドラマのほとんどのシーンで謝罪しません。建築現場でおがくずが近隣住宅に飛んでいると抗議がついたときには、逆に抗議した住人が後ろにいるのに気づかずに陰口を言って火を注いだりしてますwwwそして素直に謝罪できずに悪化ですwww

9.コスパなど損得勘定で動く

コスパ=コストパフォーマンス。

今の世の中、大体の出来事が数字で表せますし、その数字を比較するのも簡単です。

だから、コスパを把握しやすい世の中になったとも言えるでしょう。

コスパは確かに重要です。より良い選択をするのに、参考となる指標の一つですから。

しかし、コスパが良いこと=有意義なこと・・・でもないのが、この社会ではないでしょうか。

今、コスパが悪いといっても、スパンを広く見ると有意義じゃねえか!ってことは結構あると思うんです。

そこを考えることを怠ってる人って結構いますよね。無駄なことが人にとっての面白さだったりしますし、損得勘定をちらつかせる人は、他人の面白さを認めないことにもつながります。

ドラマの桑野は、対人関係や恋愛に損得勘定を持ち込んでいますwww果たして過去に何があったんだ、桑野・・・( ̄▽ ̄)

10.無意味・無自覚に人を貶す

人を貶す。

良くないことですよね(´・ω・`)

まあ、この記事も結婚できない人を貶している・・・ような気がしないでもないですが・・・(/ω\)

意図的に意味があって人を貶してるなら良いんですよ、それはそういう生き方なので。

だけど、無意味に無自覚にナチュラルボーン的な感じで相手を貶してる、悲しきモンスターっているじゃないですか。

「あ、傷つけちまった・・・」って後から気づく感じの。

そういうのって、人と良好な関係を築くのに結構なハードルですよね。

そんな気はないけどな・・・って言っても、相手からしたら知らんがな!って話ですし。

毒蝮三太夫に似てるけど、一番遠い存在って感じですかねー。

ドラマの桑野は、ことあるごとに人を無自覚に貶してますwwwで、相手が泣いたり怒ったら10年に一度の天災を食らったんじゃねえかってくらい驚いてアタフタしてましたwww

 

まあ、こんなもんでしょうか。

他にも色々ある気がするし、まだまだ謎の結婚できない男です(*^^)v

まあ、秋に帰ってきますし、気長に待ちますかねwww

では、またの機会に。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA